東京都内の葬儀事情について

東京都内の葬儀事情について考えていきます。火葬場は、地方自体が運営する公営の火葬場と民営の火葬場があります。地方には公営の火葬場の数は比較的多いですが、東京都内には驚くことに公営の火葬場は2箇所しかないです。むしろ、公営の火葬場よりも民営の火葬場のが多いです。その理由に、地方自治体が新規で公営の火葬場を建てようと計画しても、地方と比べて土地が無かったり、住民の反対運動の抵抗力が強かったりするせいで、公営の火葬場が中々建てられないといった事情があります。そうした背景がありますので、東京都内での火葬場は連日予約で一杯で、亡くなってからお通夜まで1週間近く空くことも珍しくないです。また故人というのは、葬儀までの間は自宅で安置するケースが一般的ですが、集合住宅や間取り等の関係で、火葬場に併設している冷蔵保管庫や葬儀社に通夜当日までいったん預けることもあります。

東京の葬儀ではお通夜に香典を渡す

東京での葬儀に参列する時は、もしお通夜にも行くなら、お通夜で香典を渡すのが良いでしょう。実際に東京では、お通夜のみに参列する人が多いです。お通夜だけしか参列しない人の場合、その時に香典を渡すのが一般的です。翌日の式に参加する場合でも、習慣に合わせてお通夜で渡すのがベストです。お通夜のみの参列は、式の方に比重を置く他地域の人から見ると、ちょっと不思議に感じるかもしれません。本来お通夜は、身内など故人に近い人が参列するものでした。しかしお通夜の方が、忙しい都会人には出席しやすい時間帯に行われます。だからこそ、お通夜のみの出席が主流になったのでしょう。お通夜に香典を渡すことも、決してマナー違反ではありません。むしろこの地域では、習慣化しています。東京の葬儀でお通夜と式の両方に参列するなら、お通夜の段階で香典を渡しましょう。

東京の葬儀会社について

最近は葬儀の形態もだいぶんと変わってきています。葬式と言えばたくさんの参列者をイメージしますが、家族など身内だけで行う家族葬の人気も高まっています。家族葬であれば身内だけで式を行いますので、費用負担も軽減できます。また準備も簡単ですので、手間も省けます。東京でも多くの葬儀会社がありすますので、依頼する場合はまず業者を比較検討してください。複数の業者を比較検討することで、それぞれの業者が提供するサービス、また利用料金などを把握できます。そしてその中から自分に合った業者を選択してください。また前述のような家族葬のサービスを提供している業者もありますので、一度相談してみるのもいいでしょう。東京でも家族専門の業者がありますので、それぞれの業者のサービスを把握してください。葬儀と言うのはいつやってくれるのか分かりませんので、事前の準備も大切です。